詩集かぎろひ〈朗読と歌の昼下がり〉から考えるべきこと